仙台・東北に密着したい!

ずんだWebとは

話がとにかく早い!
ホームページ屋さんです。

スピーディーな会話のイラスト

話がとにかく早い!
ホームページ屋さんです。

ずんだWebは、個人事業主・フリーランスが集うホームページ屋さん。事業主同士のやり取りは、物事が決まるスピードと精度を高めます。 必要なものを、必要な時間をかけて取り組む。 それが、ずんだWebのありかたです。

なぜ仙台なのか?

東北で一番のホームページ屋さんのイラスト

なぜ仙台なのか?

ずばり、東北一のホームページ屋さんを目指しているからです。 そのために、東北の中心の1つである仙台に拠点を置くことに何の迷いもありませんでした。

東北で一番になるということ。それは、売上でなければ、顧客件数でもありません。頼ってくださる事業主さんから、「ずんだWebさんは、東北一のホームページ屋さんだね!」そう言って貰えることだと考えています。

あらためまして、ごあいさつ。

はじめまして。『ずんだWeb』代表の山家誠司(やまやせいじ)です。
現在も東京に拠点をおいて、ホームページ屋さんを営んでいます。2022年4月で9年目を迎えました。(オフィス山家)

新たに東北という地に拠点を増やすという意味。
それは、これからの10年、20年を、東北で事業をされる皆さんと共にありたい。その想いが込められています。

オンラインでのやり取りが定着しつつある今、これからは、全国の事業主の皆さんのお役にたてる存在になりたい。それが、私と仲間達が共通して持っている夢です。

にこにこな山谷誠司

大切にしていること。

まずは聞くこと。事業に対する想いを、私たちにお聞かせください。
ホームページという役割は、ときにご本人よりも先に、お客さまと出会うことになる顔でもあります。だからこそ、その想いをしっかりと汲み取らなければ、あってはならないホームページが出来上がってしまうかもしれません。

私たちは、頼ってくださる事業主さまのホームページ担当として。外注というよりも仲間という意識で共に事業を盛り上げていきます。 「ホームページのことは私に任せてください!」そう自信を持って、事業主さまのお役に立つことをお約束します!

『ずんだWeb』の由来

ご想像のとおり「ずんだ餅」が由来です。
お餅だけではありきたり。だけれど、そこにずんだが加わることで、地元の人たちも、日本全国の人たちにも愛される和菓子「ずんだ餅」に姿をかえます。

私たちは、ホームページ屋さん。 ですが、Web(ホームページ)を作ることだけでは終わりたくありません。 ホームページを通じて、地元の方に愛される事業発展に貢献していきたい。

はじめて「ずんだ餅」を食べた、あの時の衝撃や感動を、ホームページでも。 ずんだWebは、仙台・東北に寄り添う、感動を与えるホームページ屋さんになります。